みなとみらいの写真を撮る

はじめに

カメラを抱えてみなとみらいを散歩しました。桜木町駅で降りて大桟橋を目指します。写欲をかきたてる被写体がつぎつぎに登場するので、写真好きにはたまらない街だと思います。すこし撮ってみたので見てみてください。散歩の参考になればうれしいです。

 

みなとみらいの写真を撮る

桜木町駅すぐの日本丸交差点を渡ると、新港地区につながる遊歩道があります。ここから眺めるみなとみらいの景観が、なんだかとても気持ちがいいです。

 

yokohama-6

海のすぐそばからビルがにょきにょき生えています。風が止む瞬間を粘り強く待つことができれば、水面に映る逆さビルをきれいに写し撮ることができそうです。

 

yokohama-7

ランドマークタワー。日本で二番目に高い高層ビルだそうです。「青少年の像」と一緒に撮ってみました。

 

yokohama-21

ボートを発見。使われていないようですが、みなとみらいの雰囲気作りには貢献している気がします。

 

yokohama-22

コスモクロック21(の一部)。ホームページの解説によれば、世界最大の時計機能付き大観覧車とのことです。通常のゴンドラに加えて、足元の透けたシースルーゴンドラもあります。

 

yokohama-19

赤レンガ倉庫。たくさんの人でにぎわっていますが、建物自体はなんだか厳かな感じがします。ちょうど重たい感じの雲が流れてきたので、イメージに合う色味に調整してシャッターを押しました。

 

yokohama-4

象の鼻パークと大桟橋のあいだに、建造物の何もないスペースがあります。地上を歩いているときは気がつきませんでしたが、実はこれが以外と広い。そして模様が面白い。

 

yokohama-15

広場の反対側には、大桟橋へ続く歩道が見えます。

 

yokohama-1

大桟橋からみなとみらい地区を眺めます。大小いろいろな形のビルが立ち並ぶ様子を楽しむことができます。

 

yokohama-16

山下公園にある氷川丸です。戦前から現存する日本唯一の貨客船で、横浜市の有形文化財だそうです。

 

yokohama-2

マリンタワーの地上付近には、たくさんの街路樹が植えられています。枝葉の奥にちらちら見え隠れするマリンタワーの写真を一枚。

 

yokohama-14

マリンタワーの上に登ると、山下公園を見下ろすことができます。みんなだれかと一緒で楽しそうだなあ、と思った記憶がリアルによみがえる一枚です。。涙

 

あとがき

24ミリのレンズを持って歩きましたが、広角が足りなくて困ることが頻繁にありました。撮りたいものの背は高いし、横にはいくつも並んでいるという状況なので、10ミリ台のレンズが活躍する場面が多そうです。

 

CPplus2015-22

また今回は日中に訪れましたが、夜はどこも派手にライトアップされるそうなので、いずれまた夜の時間帯に再訪してみようと思います。

あとは、たくさんいるカップルを横目に、果たして冷静に撮影することができるかどうか。自信がぜんぜん、ありません。。(了)

 

ご覧いただきありがとうございました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>