横浜・三渓園の写真を撮る

はじめに

横浜三渓園に行きました。山一面に広がる鮮やかな紅葉と、自然の中に溶け込むように佇む建造物の凛とした姿に、とても感動しました。園内を半日ほど歩いて写真を撮ってみました。観光の参考になればうれしいです。

 

・三渓園の写真を撮る

sankeien-20

正門。シンプルながらなかなか風格のある看板です。

 

sankeien-1

正門すぐ、眼前にそびえる小山の山頂に三重塔が見えます。1467年の建造で、関東にある木造の塔では最古のものだそうです。

 

sankeien-2

臨春閣(りんしゅんかく)の背後に美しい紅葉が広がっています。園内一の人気スポットです。たくさんの方がこの眺めを楽しんでいるようでした。

 

sankeien-21

寿塔覆堂(じゅとうおおいどう)そばのイチョウの木。光が当たって黄金色に輝いていました。この場所に光が差し込むのは、朝方に限られるようです。

 

sankeien-23

同じく寿塔覆堂そばの大イチョウ。とても大きな木です。全景を写し撮るには10ミリ台の広角レンズが必要だと思います。

 

sankeien-5

大イチョウの周りには黄色のじゅうたんが広がっています。色のグラデーションがきれいでした。

 

sankeien-7

園内に植えられた古木の一部。幹の凹凸が歴史を感じさせます。

 

sankeien-22

園内のところどころで小川が流れています。その多くは人工的なもので、ポンプで水を循環させているそうです。

 

sankeien-9

臨春閣に渡す小橋。手前の松の木もきれいに手入れしてありました。

 

sankeien-8

聴秋閣(ちょうしゅうかく)そばのもみじの木。ぼくが見た限りでは、この木が園内でもっとも赤く輝いていたと思います。

 

sankeien-14

背景がブラックアウトするように撮影。もみじの鮮やかさが際立つような気がします。

 

sankeien-17

鮮やかに色づいた赤、黄色、緑の葉が折り重なっている見える場所がありました。とてもきれいな風景でした。

 

sankeien-15

もみじの葉っぱがボリューム感たっぷりです。

 

sankeien-18

ところどころで石像を見かけます。椿のお花が添えてあってかわいらしかったです。

 

sankeien-12

園内には猫が放し飼いになっています。何匹か見かけましたがみんな太っていました。観光客からおやつをもらっているようです。。良い生活してますね。。

 

sankeien-13

三渓園では挙式を上げることもできます。園内で記念撮影するペアを何組か見かけましたが、みなさんとてもきれいで、観光客のフラッシュを浴びまくっていました。

 

あとがき

三渓園ではすばらしい紅葉と、それに溶け込むように佇む建造物の美しい眺めを、思いっきり楽しむことができました。朝からたくさんのカメラマンの方が来園されていて、みなさんおもいおもいの撮影を楽しんでいたようでした。園内の風景を題材といたフォトコンテストもあるようですから、腕試しにひとつチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

無数の魅力的な被写体と対峙して、いろいろな撮り方を試してみて、写真ってやっぱり面白いな、とあらためて感じることができました。今年京都に行くことができなくてとても残念でしたが、今回の撮影で写欲を十分に満たすことができました。

 

sankeien-6

また来年も素晴らしい紅葉を期待しています。(了)

 

ご覧いただきありがとうございました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>