ギネス・ストアハウスの写真を撮る

はじめに

ギネスビール発祥の国、

その首都ダブリンの中心地から徒歩圏内の場所に位置するギネス・ストアハウス。

 

Guinness-1

250年の歴史を持つ醸造所に併設されたテーマパークで、ギネスの歴史と製造工程を楽しく学べます。

すこし写真を撮って来たので、紹介します。

 

・ストアハウスの写真を撮る

Guinness-10

内部は鉄骨。なんでも、イギリス・アイルランド一帯で初めの鉄骨建築なのだそう。

筒状の吹き抜け構造は、ビール樽をイメージしてデザインされたとのこと。

 

Guinness-2

麦の絨毯。美しいライティングにうっとりします。

 

Guinness-3

もちろん、水にもこだわります。

 

Guinness-4

昔使われていた保存樽。ディスプレイがはめ込まれ、サイネージを兼ねています。

 

Guinness-6

ギネスの歴代製品コレクション。昔から格好いいですね。

 

Guinness-11

来館した著名人の写真集。一番手前がエリザベス現女王。オバマ前アメリカ大統領や、米俳優のトムクルーズの写真もありました。

 

Guinness-9

最上階のグラヴィティバー。地上46メートル。

ここで世界一フレッシュなギネスビールを飲むことができます。最高に美味しい一杯でした。

 

Guinness-7

ガラス張りになっているので、360度のパノラマで、ダブリン市内の景観を眺めることができます。

 

Guinness-8

ダブリン市内の様子。新旧さまざまな建物が目につきます。

何か針のようなものがありますね。ダブリンの尖塔というモニュメントです。

 

おわりに

入場料は当日券で、大人ひとり20ユーロ。最上階でのパイント代を含みます。

入るときはちょっと高いかなと思いましたが、展示物はどれも興味深く、最上階での一杯が含まれていることを考えると、割高とは思いませんでした。事実、帰る頃にはすっかりギネスのファンになっていたくらい。

お土産コーナーは充実の一言で、ぼくはアイルランドのプレゼントの多くをここで買いました。

 

Guinness-12

とてもおすすめできる観光スポットだと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>