格安SIMに乗り換えた話

はじめに

昨年末に、docomoから格安SIMに乗り換えました。

MNP(番号ポータビリティ)で携帯番号はそのままです。

乗り換えの過程でいろいろと発見(良いことも悪いことも)があったので紹介してみたいと思います。

 

20170108_iijmio-1

 

乗り換えの理由

12月で、いわゆる「2年縛り」から解放されました。

そのまま契約し続ければ月々サポート(毎月の割引)が消滅して毎月の支払額が高額になるので、これを機に格安SIMに乗り換えることを決意。

 

これまで使っていたiPhone6 (docomoショップで購入)がそのまま使えるため、新たに端末を購入しなくて済む点も嬉しい。

 

 

MVNOとは

docomoやau、softbankなどの大手キャリアは「MNO」と呼ばれています。これは「Mobile Network Operator」の略で、「移動体通信事業者」の英訳です。

 

一方の格安SIM会社は「MVNO」と呼ばれています。「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」。

、楽天モバイル、UQ mobile、LINE MOBILE、Y! mobileなど、10数社が存在します。

 

MNOにくらべてVirtual(仮想の意)の文字が入っていますね。

格安SIM会社は自分たちで通信網を構築しているわけではなく、大手キャリアの電波を借りて運用しているので、このような表現が入っているのですね。

 

格安SIM会社のほとんどがdocomoの通信網を利用しているのが現状です。

 

 

この中から自分に適した通信会社を選択するのはなかなか難しいのですが、必要なデータ通信量を考慮して適切に選びましょう。

ネット上にはサービスの内容を比較したサイトが複数あります。

 

ぼくの場合、格安SIMの中でも老舗で、通信速度が比較的安定と言われている「IIJmio」を選択しました。

聞きなれない(そして覚えにくい)社名かもしれませんが、東証一部、米NASDAQ上場の立派な会社です。

 

 

「電話かけホーダイ」は非主流

悩ましいのが電話のかけ放題です。

 

docomoの「カケホーダイプラン」は月2700円の定額料金で通話し放題という内容でしたが、格安SIM会社の多くでは、このような無制限の電話かけ放題プランは主流ではありません

 

IIJmioの場合、月800円の定額料金で5分以内(家族なら30分以内)の通話が何度でも無料になるサービスがあります。

 

話し相手がスマホを利用しているのなら、データ通信を使った通話サービス(VoIP)を利用すれば長時間の通話も可能なので、ひとまずこれで大丈夫かなと思いました。

VoIPには、SkypeやLINE電話、Facetime、カカオトークなどがあります。

 

 

もう2度と大手キャリアに戻らないと誓った今日この頃

docomoを解約するに至って、いろいろと想定外のことが起こります。

 

ついたちに解約しても、ひと月分の月謝まるまるいただきます♪

昔はキャリアによっては「ついたちルール」 (1日に解約すれば、前月までの契約とみなす) というものが存在しましたが、今はそのようなルールはありません。

ついたちに解約したとしても、ひと月分の利用料まるまるが請求されます。

 

まあ、電話し放題の契約になっているので、これはしょうがないことなのかもしれません。

 

今月解約したら、今月分の月々サポート、一切あーげない♪

今月分の月々サポート(月々の割引)がほしければ、来月中に解約する必要があります。

つまり、月々サポートには日割りの概念がありません。仮に末日に解約したとしても、その月分の月々サポートは一切もらえません。

でも来月に解約したら来月分の月謝が新たに発生するわけで。

 

月々サポートを24回全部もらって、最後の月にきれいに退会することが不可能なシステムに愕然。

 

このままだと25ヶ月目の月謝は月々サポートを受けられず、高額請求されてしまう。

そこで料金をすこしでも抑えるために、25ヶ月目のデータ通信定額オプション (2GB、3500円) の解除を思いつく。

 

基本料金である電話カケホーダイは外せないが、データ通信定額なら外せる。しばらくwi-fiで我慢して、さっさと格安SIMに移ればよかろう。。

 

来月解約するのなら今月分の割引やーめた♪

ところがなんと、データ通信定額を解約するように「予約」すると、予約した時点に遡って、月々サポートを受け取る権利が剥奪されます。

 

以下、docomoのホームページから引用。

割引適用期間中であっても、割引対象のXi/FOMA契約について、以下のいずれかの事象が発生した場合、本割引は終了します。(中略)当社指定の「パケットパック/シェアオプション/パケット定額サービス/定額データプラン」の廃止または廃止予約、当社指定の「パケットパック/シェアオプション/パケット定額サービス/定額データプラン」以外へ変更または変更予約をお申込みされた場合。

 

今月の契約は維持しているにも関わらず、今月の月々サポートが消滅する不思議

 

なんという傲慢さ。なんという殿様商売。docomoってこんな会社だったっけ。。(がっかり)

 

 

初期費用を抑えるために

乗り換え(MNP)作業はとても簡単です。店舗でも出来ますが、自宅でも出来ます。

 

店舗で行うメリットは即日で乗り換えが完了すること、自分で行うメリットは初期費用が安く済むことです。

 

店舗で人の手をかりて乗り換える場合、3000円(税抜)の初期費用が掛かりますが、ネットで申し込みを行う場合、これを数100円程度に軽減できます。

 

MNP作業を自分で行う場合のオススメ

1. AmazonでSIMパッケージを購入する。

Amazon限定でクーポン券(記事下のリンク参照)が販売されています。今日時点で税込648円。このクーポンを使うことで、本来の初期手数料3000円がタダになります。

IIJmio公式サイトでも紹介されていて、安心して購入して良い代物です。

ここでは、SIMカード(音声対応)は同封されていません。

 

2. IIJmio公式サイトで申し込み。

クーポン番号やMNP予約番号を入力。

また、本人確認のため、免許証などの身分証明書を写メしたりします。

 

3. SIMカードが自宅に送られてくるので、差し替える。

4. IIJmioに電話して開通。

 

順調なら、10日程度で全部終わります。

公式サイトの説明は親切で、困ることはありませんでした。

 

 

毎月4400円も安くなる

ケータイの利用料金を比較してみます。

 

docomoの月額料金

データ通信定額量(Sパック, 2 GB) 3500円

カケホーダイプラン 2700円

付加昨日使用料(spモード) 300円

ユニバーサル利用料 3円

税 520円

計 7023円

 

IIJmio(格安SIM会社)の月額料金

ミニマムスタートプラン(3 GB) 900円

音声通話機能付帯料 700円

通話定額オプション(5分以内) 830円

税 194円

計 2624円

 

毎月4400円も安くなる!

 

 

・データ通信速度が遅くなる(それでもYoutubeやHuluはサクサク見れる)

・キャリアメール(@docomo.ne.jp)が使えなくなる

・通話継続時間が5分を過ぎると、30秒あたり10円かかる(みおふぉん電話使用時)

 

などの代償があるけれど、4400円浮くのなら全然ウェルカムです。

 

ちなみに、IIJmioの音声通話付きSIMの場合、1年以内に解約すると「解除調定金」が発生します。

ただし、その金額は1年かけて段階的に減額され、その後復活することはありません。

 

 

まとめ

格安SIM会社の回線に乗り換えてひと月たちましたが、今のところ不自由さを感じることはほとんどありません。

上述のように、格安SIM会社は大手キャリアの通信網を借りて運用しているので、電波が入らなくて困ることもありません。通信速度を計測してみるとたしかに抑えられています。が、それでもYoutubeやHuluはサクサク見れます

 

総じて満足ですが、強いて言うなら、無料通話が5分内に限定されることが少し気になります。5分を超えると電話を切りたくなります。

長く話す時はFacetimeやLINE電話などを使うようにしていますが、手段が分散するのがちょっと面倒です。

 

ぼくは2年縛りの「お勤め」を終えたタイミングで乗り換えましたが、毎月4400円浮くのなら、もっと早くに乗り換えればよかったなあと思っています。

格安SIM会社のキャンペーンにうまく便乗できれば、1万円程度の違約金はすぐに回収できてしまうかもしれません。

 

皆さんもご検討してみてはいかがでしょうか。

 

ご覧いただきありがとうございました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IIJmio みおふぉん SIMカード 音声通話パック ( バンドルクーポンキャンペーン中 4GB増量×3ヵ月間 ) FFP【Amazon.co.jp 限定】IIJmio みおふぉん SIMカード 音声通話パック ( バンドルクーポンキャンペーン中 4GB増量×3ヵ月間 ) FFP【Amazon.co.jp 限定】

IIJ 2015-09-18
売り上げランキング : 637

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>